06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Categories
Select entries
Twitter
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others

ミニマル





名刺入れです。

ごくごくシンプルに作りました。

音楽もそうだけど、簡素で美しいものが好きです。




| D.A.61 leather works | 03:21 | - | - |

おじいちゃんの万年筆



Perker75 シズレ というモデルの万年筆。
私の祖父の形見です。

最近になってインクの漏れがひどくなり、使用できない状態でした。
革の仕入れのタイミングで寄り道し、千石の川窪万年筆店さんで診てもらいました。
ご主人の腕、素晴らしかったです。お話もとても興味深いものでした。
もちろん、きっちり治していただきました。
おじいちゃんの復活です(笑)







| その他 | 02:48 | - | - |

ロングウォレット










長財布です。
個人的には出来の良い作品の三本指に入ります。
なので自分用にも欲しいのですが未だ手が回らず。。。


相変わらず時間が足りない日々ですが
革作品について画策中の事などありまして
今後、周りをぐんぐん巻き込んで進めていこうかと思ってます。

あともう少しブログやらインスタやら更新しないと、ですね。


オーダーのご相談、ご質問などは
D.A.61 leather works HP

からどうぞ。



| D.A.61 leather works | 00:56 | - | - |

レンミッコ



代官山TSUTAYAへ
刺繍ユニット、レンミッコの展示を見に行ってきました。
写真や話では聞いていたのですが、実際に見るのは初めて。

まず、これ全部刺繍なの?!ってなります(笑)

刺繍の技法の多様さにも驚かされますが、なにより作品の佇まいやその気概に圧倒されました。

私もものを作る者の端くれとして、少しでも見習えたら、と思いました。

レンミッコ、TSUTAYAのイベントページへ

| その他 | 15:21 | - | - |

ミニボストンの作り方 その4

 

本体、ハンドルとひたすら縫い、大分端折ってファスナーのスライダー部分の取付けです。

こちらは「タッセル」と呼んでいます。

5mm幅にカットした革を3本、スライダーに通してくくります。

もう一つ「編み込み」というのもあるのですが、こちらは同じ革紐を2本通して

組紐と同じ要領で「丸四つ組」という編み方をします。

7:3で「編み込み」が人気ですが、個人的には「タッセル」の足を長くとったデザインが好きです

 

YKK金属ファスナー5号アンティークゴールド

スライダーは「DFDHR」

 

 

 

「タッセル」の足の長さを整えます。

ここまでくると、我が子のような愛着を持ってしまうので笑

嫁にやる娘の髪を整えてあげているような感じになります。

 

 

 

これで完成です。

飛ばしてしまった工程がいくつかあるので

追い追い編集もしていけたらな、と思っています。

 

D.A.61 leather works 謹製

「mini boston」

W350 H150 D100 handle drop 200 (mm)

29,800yen

 

お問い合わせは

info@itoai.com

 

その他の作品は

D.A.61 leather works ホームページ

へどうぞ。

 

 

 

| D.A.61 leather works | 03:05 | - | - |