02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--
Profile
Categories
Select entries
Twitter
Archives
Recommend
Mobile
qrcode
Sponsored links
Others
<< 2018 | main | ミニボストンの作り方 その2 >>

ミニボストンの作り方 その1

 

 

D.A.61 leather works の初期作品にして

細々とですがロングセラーを続けているミニボストン

作品紹介をかねて、制作工程をご紹介します。

 

使用している革は国産のフルタンニン鞣しのステアハイド。

姫路で鞣している最高級の牛革です。

 

 

 

まずはパーツのカットです。

これでほぼ全てのパーツです。

このバッグを特徴付けているのが、本体部分になる一番大きなパーツの形です。

これよって、コロンと丸いシルエットが生まれます。

 

 

 

 

裏側の毛羽立ちを防止する加工です。

専用のノリを塗ってゴシゴシ磨きます。

 

 

 

本体とハンドルをつなぐパーツの加工です。

ぷっくり感を出すために縁を専用に工具で漉いてゆきます。

 

 

 

 

その2へ

続く、、、

| D.A.61 leather works | 02:09 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 02:09 | - | - |